鬼門とは神様の通り道?地磁気や磁場のエネルギーを考える

これまで鬼門について
いくつかの観点から検討してきました。

日本では「忌む方位」とされる鬼門ですが
その由来や、実際の都造りの様子、
動物の行動から考察すると

本当は忌むべき方位ではなく
「とても意味のある方位なのでは?」
と感じています🍀


実際に、
「鬼門は神様の通り道」であり
「生門(貴門、気門、起門)」

本来の漢字表記という説もあります。

私自身もこれまでの鬼門の考察から
「鬼門は生門で、神様の通り道」であり

鬼門はエネルギーの流れている方位
捉えるのが自然だと感じています。

では、
「そのエネルギーとは何なのか」

今回はその点について、
地球の持つエネルギーである
「地磁気」に注目して考察してみます。

地球のエネルギー:地磁気


早速ですが、
地球に流れるエネルギーとして
まず挙げられるのが「地磁気」です。

地球は、
その内部に磁性をもつ核を有することで
磁場(地磁気)を持ちます。

地球の磁場は、
S極とN極(磁石)の性質を持ち、
それによって地磁気の流れが生じます。

具体的な地磁気の流れは
南(N極)側から北(S極)側へと
大気中を循環し、

地上には
北側から南側へ向かって戻ってきます。
(下図参照)

ㅤㅤ

 

日本における地磁気の流れ


実際に、日本における磁力線は
下記の図のようになっています。
(国土地理院の資料より)

つまり、日本においては
「北東~南西」へと
地磁気の流れが確認されています。

鬼門エネルギーの正体は地磁気?


さて、この地磁気の流れる方向

既に気づかれた方もいると思いますが
鬼門と同じ方向なんですよね。

鬼門である北東から
裏鬼門である南西へと流れています

つまり、かつての日本人が
地磁気を「鬼門に流れるエネルギー」
と感じた可能性も示唆されるわけです。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*ㅤ

そして
「鬼門のエネルギーが地磁気」だとすると

鬼門に良否、両方の意見があることにも
納得できると思えるのです。


例えば…

「地磁気は乱れることもある」
(乱れる=不安定、荒れる)
という特徴を考えると

鬼門を「忌むべき方位」とするの
理解できるように思われますし

一方で、
「地磁気のエネルギーが流れる」
という特徴から

鬼門は「神様の通り道」とする
考え方があるのも理解できます

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

それに加えて
北東から南西に長細い日本列島の形により
地磁気の流れが妨げられず、

日本各地で地磁気の流れが
意識されやすかった可能性も考えられます。

つまり
鬼門思想が日本独自のものとして
広く深く根差した理由にも繋がる
ようにも思われます。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

こうして考えてみると
かつての日本人は
地磁気のエネルギーを敏感に感じ取り

それを「鬼門」や「生門」と捉え
都づくりや生活の中に
組み込んだのかもしれないなと思うのです✨

磁場とパワースポット:中央構造線


日本における
「北東~南西」にかけてのエネルギーとして
「中央構造線」の存在もあります。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

◉メモ:中央構造線について◉

地球の表面はプレートという
いくつもの岩盤に覆われています。

そのプレート同士が
接触する部分を「断層」と呼び
それが地震の発生源となっています。

日本は小さな国ながら、
4つものプレートが集まっているため
断層が多く、地震大国なのですが

なかでも「中央構造線」は
世界でも有数の大きさと長さを持つ
「世界第一級の活断層」です

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

この中央構造線は
地震の主要な発生源であると同時に

大地からの大きなエネルギー、
つまり強力な磁場の発生源でもあります✨

実際に中央構造線上には
現代においてパワースポットとされるような
多くの神社や霊山などが配されています。

中央構造線とパワースポットの図

中央構造線とパワースポットの図2


上図の場所のうち
いくつかは私も訪れたことがありますが
どこも神聖なエネルギーを感じる地でした。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

さて、この中央構造線も
日本列島の「北東~南西」にかけて
走っているんですよね👆

こうした日本の地質的な部分も
鬼門の方位のエネルギーを
感じやすかった一因かもしれません。

日本人の感性:ご先祖様を想う


京(京都)や江戸(東京)の都造りには
帝王学としての風水の技法が
非常に多く組み込まれています。

そして一方で、

それらの都づくりには
本来(中国伝来)の風水にはない
「鬼門」という概念を
大切していた痕跡が多くあります。

 

その鬼門とは、単なる概念ではなく
かつての日本人、つまりご先祖様が
実際に感じ取っていた
地球のエネルギーなのかもしれません

そう考えると
ご先祖様の感性の高さに驚くばかりです。

一方、
ご先祖様の感性が、私たち子孫にも
DNAの繋がりの中で継承されており

だからこそ、現代においても
鬼門への意識が根強くあるのかなと
感じられたりします。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

鬼門についての考察は
太陽(黄道)と地球(地軸)の関連等、
他にも示唆される根拠はあります。

…が、
複雑になるのでここでは終了☺


次回からは、
鬼門を流れるエネルギーを
現代の住まいにどう生かすか。

そうしたテーマで
更に検討していこうと思います✨

お読みくださり、ありがとうございました🌈

#捨幸運
#風水
#家相
#鬼門
#生門
#地磁気
#パワースポット
#真実の追究

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。