風水は帝王学:歴史に根拠を学ぶ

風水や家相の真実はどこにある?

伝統風水をはじめ、
家相などを勉強していると
含まれる情報の混乱の激しさを感じます💦
風水は、
表(ネット上や本等)の情報と
真実(伝統風水)とはかけ離れたものだし
伝統風水と言われるものでも
それぞれに主張が異なっていたりします。
家相は、
中国発祥の風水が
日本に伝わり発展したものだけど
日本独自に変化した家相は
もともとの風水とは
異なる概念が多く加わっています。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
最初は、
「どうなってるんだ~!」と唸ってたけど
歴史をひも解いてみて分かったことは
「情・報・操・作」(プロパガンダ)です😲

帝王学としての風水の歴史

風水には、
中国においても、日本においても
「帝王学」として扱われてきた歴史があります。
実際、古代中国では
中枢に風水師がいたようだし、
日本においても「陰陽師」たちが
風水技法を用いて、都づくりをしています。
(家相ではなく風水技法が使われている)
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
つまり、歴史における「風水」とは
「気」の流れを読み
「地の利」を得て
支配者として
最高の土地条件を見極めることによって
豊かな土壌による恵みを得たり
戦で敵を排除したり
人民を支配下に置く力を維持したり
…という帝王学だったのです👑

帝王学だからこその情報操作(プロパガンダ)

風水は帝王学だったから
時の王にひっそりと引き継がれました。
正しい情報を
外に漏らすことは許されなかったし
それでも
世間に漏れ出た正しい情報の本は
世間から没収されて
偽情報の書物に書き換えた上で
広められたこともあるそうです
こうした情報操作は今にも至り、
混乱した情報のまま、
放置されているとか…😓
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
でも、考えてみると、
真実の情報操作って普通にありますよね。
ㅤㅤ
自分たちだってしてる…。
例えば
言い訳、嘘、ごまかし。
それだって、情報の操作であって、
それを受け取った人を嘘情報に
巻き込んでいます。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
自分たち個人がしているんだから、
もっと大きな世界(個人の集合体)で、
情報操作があっても全くおかしくない。
政治、世界…
コロナの予防接種だって
今起きている戦争だって
利権などの諸説があるとも聞きます。

真実は根源を学ぶことで見極める

そんな真贋混じる中で、
どうやって確かなものを掴むのか。
大切なことが何かを掴むのか。
私は、物事の始まり、
根源を学ぶことが大切だと感じています。
風水であれば、風水の始まりを🍀
何のために生まれて、
どのように発展してきたのか。
その中で「変わらないもの」は何なのか。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
🌸ずっと変わらずに存在しているもの🌸
そこを読み解けたら、
風水の世界が広がりそうな気がします✨
とうことで、
今日も風水の根源を学びます☺
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
また同時に、
私の中で変わらずに存在し続けているもの
「ご先祖様から続く血脈」
そこへの感謝も忘れずに🌈✨
#捨幸運
#風水
#家相
#住まいの質
#生き方の質
#真実を知る
#変わらないもの
#ご先祖様に感謝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。