スポンサーリンク

矢口高雄さん死去|お別れ会はいつ?代表作品「釣りキチ三平」の動画を見たい!

スポンサーリンク
ニュース全般
スポンサーリンク

漫画家の矢口高雄さんが亡くなったと報じられました。
本人のツイッターから、娘さんが投稿されたようです。

まずはご冥福をお祈り申し上げます。

 

矢口さんは「釣りキチ三平」などの作者として知られ、
釣り好きの方などにはよく知られているのではないかと思います。

今回は、
・矢口さん死去の詳細
・矢口さんの代表作品
・矢口さんの作品を楽しむご案内

などについて、まとめていきます。

スポンサーリンク

矢口高雄さんの死因や葬儀は?

死因はすい臓がん、享年81歳

矢口さんの死因は、
娘さんによるTwitterによると、すい臓がんだったそうです。

父・矢口高雄は11/20に家族が見守るなか、眠るように息を引き取りました。

今年5月に膵臓がんが見つかり、約半年病気と闘っていました。すごく辛くて苦しかったはずだけど、涙も見せず頑張りました。

最後まで格好良い自慢の父でした。パパ、ありがとう。そして、お疲れ様。

矢口高雄さんのTwitter(娘さん投稿)より

 

1939年10月生まれでしたので、満81歳でのご逝去となりました。
改めて、矢口高雄さんのご冥福をお祈り申し上げます。

葬儀はいつ?

葬儀については、矢口さんが名誉館長を務める
横手市増田まんが美術館のホームページに記載を見つけました。

そちらによると、
「葬儀は故人ならびにご遺族の希望により、近親者にて執り行われました」とのことです。

お別れ会の開催情報

横手市増田まんが美術館によると、
お別れ会(故人を偲ぶ会)も開催の検討はされているようです。

ただし、コロナ等の時勢もあり、開催日時は未定とのこと。
現在は、矢口さんあてのメッセージを美術館ホームページの中で募集しています。

【横手市増田まんが美術館】
矢口高雄さんへの追悼メッセージはこちら
スポンサーリンク

矢口高雄さんの代表作

矢口高雄さんは、故郷・秋田県を中心とした自然と人とのつながりを描いています。
ストーリーはもちろん、その画力もとても迫力あり引き込まれます。

そんな矢口高雄さんの代表作と言えば、
なんと言っても「釣りキチ三平」

 

 チェック
【釣りキチ三平】・自身の趣味である釣りの経験を基にした漫画・1973年から10年間、『週刊少年マガジン』『月刊少年マガジン』で連載。
・釣りブームのきっかけともなる。
・アニメ化のほか、2009年には滝田洋二郎監督によって実写映画化。
また、2001年から「釣りキチ三平 平成版」を描かれていたそうです。
ただし、こちらはご本人の体力の限界などもあり、未完のまま終了となっているとのこと。
スポンサーリンク

矢口高雄さんの作品を楽しもう

釣りキチ三平 アニメ動画

矢口さんを偲んで、作品を楽しめる方法を探していたところ、
「釣りキチ三平」アニメ動画を発見しました!
懐かしい気分に浸りたい方は、ぜひご覧下さいね。

釣りキチ三平 無料アニメ動画
釣りキチ三平 動画まとめ

矢口高雄さんの作品展示

石ノ森漫画館

矢口さんは石ノ森漫画館の館長をされていたそうです。
その漫画館で、来月「釣りキチ三平展」が開催されます。

【釣りキチ三平展】
場所:石ノ森萬画館(宮城県石巻市)
期間:2020年12月12日~2021年1月31日
詳細:石ノ森萬画館公式ホームページ

横手市増田まんが美術館

こちらでは現在のところ、特に矢口さんの作品等に関する展示は行っていないようです。
ですが、矢口さんが名誉館長をされていることや、
お別れ会などを予定しているとのお知らせがありますので、
今後、作品展なども開催されるかもしれませんね。
スポンサーリンク

まとめ

今回は矢口高雄さんの訃報に関して、
ご冥福をお祈りするとともに、
葬儀・お別れ会の予定や、作品についてまとめました。

改めて、釣りキチ三平などのアニメ動画を楽しんでみたいと思います。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました